2013年05月30日

レイルヨーロッパ

日本円表示・日本語対応のレイルヨーロッパ


★鉄道旅行の本場は、なんといってもヨーロッパ大陸ですね。この広大で魅力満載のヨーロッパ各国には、網の目のように鉄道網が張り巡らされています。沿線の風景は、まさに「油彩画の世界」そのものです!(あんなに魅力的な画家たちがなぜヨーロッパで多数排出されたかは、1度でも鉄道旅行をすると納得できます)


★ユーレイルパスは、ヨーロッパ各国鉄道の周遊チケット。使い方は多種多様で、ほぼ全ての国々を丸ごと周遊できるチケット、数カ国に絞ったチケット、2カ国だけのチケット、1カ国のみのチケットなどなど、自由に選択できますよ!


★さて、ユーレイルパスを購入予約するにあたって、考えに入れておくべきことは、①徹底してコスト計算に基づいて選ぶか、②損得よりも<便利さ>を優先するか、この2通りの選び方を意識して頂きたいです。


★当サイトとしてオススメするのは、②の方法です。つまり、個別にチケットを購入する場合と厳密に損得勘定をするのではなく、そうした個別購入の煩わしさを避け、旅の楽しみに集中するために、おおざっぱな計算で購入してしまうこと。ちょっと乱暴ないい方ですが、特に初心者の方には、こうしたユーレイルパスの利用法をオススメします。(旅が終わった後、「かえって高いものについた」ということになったら、その経験を次回の旅行に生かしてくださいね)
posted by すず坊ちん at 19:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

作務衣 さむえ 通販|試着・返品・クーリングオフOKなので売れてます!

15万人を突破した作務衣(さむえ)専門店で安心を着る!


【安心1】 その辺のスーパーなどで売られている作務衣(さむえ)とは品質が違います。生地の品質が高いのは当然のこと、ひざ部分が二重になっていたり、お尻には尻あて、袖口にステッチが入り、ファスナー付きポケット、内ポケットなどなど、着る人の要望をフィードバックして作り上げた商品力は見事です。

【安心2】 なんと、試着ができます!試着して気に入らなければ返品して下さい!ネットを利用した通販では、写真で判断するしかなく、商品が到着し、思っていたものと違っていても、あきらめるケースが多いのが現状です。しかし、この店は違います。安心してお買い物ができますね。

【安心3】 安心1のとおり、作務衣(さむえ)の品質は折り紙付きですが、それは、とりわけ<耐久性>に現れています。その辺の作務衣とはここが圧倒的に違う点でしょう。洗濯機で何度繰り返し洗っても大丈夫です。そんなヤワな素材は使っていませんから。また、洗濯でサイズが縮むなどという心配はありませんよ。そんな安物ではありません。



< 作務衣(さむえ)を『伝統芸術を着る会』で買った人の声 60代男性 >

わたしの場合、これまで作務衣は近くのスーパーで買っておりましたが、サイズや色が気に入ったものがなく、こんなものかとあきらめていました。『伝統芸術を着る会』の作務衣は、縫製も布地もしっかりして長く着られそうです。いままでは出かける時はいちいち着替えていましたが、今では、どこに行くにも作務衣ばかりです。周囲からは私のトレードマークに成っているようです。作務衣っていいですね。ホント、いいですね。

< 作務衣(さむえ)を『伝統芸術を着る会』で買った人の声 40代男性 >

今回、寺用作務衣を買いました。これで『伝統芸術を着る会』の作務衣は4着目になります。寺用作務衣は、価格は最もリーズナブルですが、わたしの一番のお気に入りとなっています。普段、自宅ではほとんど作務衣なので、この実用性が一番ですね。これなら少々荒っぽく扱っても大丈夫な生地と縫製ですし、そでがゴムなので洗い物などでもすぐまくり上げれるのも非常に便利だと思います。武州と三河の作務衣は外出用、寺用作務衣は自宅用と使い分けています。大ファンなので、これからもいい作務衣を作りつづけて欲しいと思います。
posted by すず坊ちん at 23:41| 日記 | 更新情報をチェックする

アッシュ・ペー・フランスはセレクトショップの王道を闊歩する!


一旦あるブランドが好きになったら、
そのブランドだけを扱うお店は夢の国ですよね。



ただ、夢はそのうち醒めるもの。
あるいは、さらに別の夢を見てみたいのが人間の欲望でもあります。



セレクトショップって、
(優秀なバイヤーがいれば、という条件が付きますが)
終りのない夢を見させてくれる多様性の塊ですからね。



アッシュ・ペー・フランスのホームページ、
ご覧になりましたか?



「優秀なバイヤーがいれば」などと偉そうなことを書きましたが、
実に失礼千万。素晴らしさはもう一目瞭然!



ジュエリー、シューズ、バッグ、家具、洋服などなど、
どれをとってもセンスの塊としか言い様がないです。




個人的に、わたしは家具に最も興味があるのですが、
単一のブランドでは決して得られないデザインの宝庫ですね。



しかも、あんがい、お値段は控えめです。



「人が座るもの」に興味津々のわたしですが、
今、我が家にあるYチェアのお値段よりもリーズナブルで、
すぐにでも欲しい椅子が、少なくとも3つ見つかりました。


やはり、みなさん、デザインの力って絶大ですからね。



住宅メーカーなどは、このことをよくわかっていて、
展示場などに行くと、各部屋にいい家具が置いてありますよね。



去年見に行った住宅展示場では、
ドイツ製の700万のシステムキッチンが鎮座していたのですが、
そのハウスメーカーの平均単価は2000万円前後とのこと。
明らかにバランスがおかしいです。
でも、この素晴らしいキッチンのおかげで、
この家が高級住宅に見えたのは確かです。
(もっとも、どのメーカーも、展示場には、実際にお金をかけているのですが)


さて、話が脱線しました。
アッシュ・ペー・フランスですね。



聞くところによると、
このお店で婚約指輪をお求めになる方が増えているそうですよ。



まあ、普通に考えて、
婚約指輪だけをアッシュ・ペー・フランスで買うというのは、
ちょっと考えにくいです。



ということは、独身時代からこのお店の
ジュエリーやファッションに親しんでいて、
新居のインテリアも多くはこのお店で丸ごと用立てる、
といった結婚間近の女性がイメージされるわけです。



きっと、当たらずといえども遠からず・・・
といったところではないでしょうか。



でも、このお店には、
それだけの間口の広さ、奥行の深さがありますからね。



===================



さてさて、
話はちょっと長くなりますが、
「セレクトショップ」あるいは「バイヤー」、
さらには「世に数多あるものの中からいいものを選んでわたしたちに紹介してくれる人や店」
というものについて、
もう少し話をさせてください。



わたしはJAZZが好きです。
毎日家でJAZZを聴いています。


10年ほど前、雑誌や評論家のおすすめとか、
CDショップのランキングだとか、
そういうのでアーティストを選ぶのが物足りなくて、
これはという素晴らしいアーティストを、
自分で発掘しようと思い立ったのです。


アマゾンとか直輸入盤のサイトなどで、
経済的に許す限り、見たことも聞いたこともないCDを買いまくりました。


来る日も来る日も初めて目にするアーティストのCDを聴き続けたのです。
わたしは自営業で、昼間は結構時間があるのです。


結論を書きます。
それはもう地獄のような日々でした!!!!!!!!!!!!



ゴミのようなクズのような、
どうしてこんな演奏がCDにレコーディングされるのか、
といったばかばかしいCDがこの世にはなんとたくさんあることか、
嫌というほど思い知らされる日々だったのです!!!



10枚のうち5、6枚いいものがあれば、
まあ、なんとか満足できるでしょう。



けれども、それなりに満足できるものが、
10枚のうち1枚あるかないかという音楽鑑賞は、
それはもう、苦行そのものなのです。


以来、わたしは、


「世に数多あるものの中からいいものを選んでわたしたちに紹介してくれる人や店」


というものの存在に、
心からの敬意を抱くようになったのです。



アッシュ・ペー・フランスでは、
ヨーロッパだけでなく、
今ではアメリカ大陸にもバイヤーが出向いています。



でも、みなさん、
おわかりですよね。



文字通り世界中のいいものを、
目を皿のようにして選んでいるバイヤーのみなさんは、
実は、数の上では、
つまらないものや魅力のないものに接することのほうが多いのです!



けれども、まさに、そうしたおかげで、
わたしたちは一定の水準をクリアしたいいものだけを前に、
あれこれ迷う楽しみを味わうことができるのです。



アッシュ・ペー・フランスはセンスの塊。
カッコいいです。


でも、わりとリーズナブルなお値段。



ちなみに、アッシュ・ペー・フランス株式会社は日本の会社です。
村松 孝尚さんという方が社長さんです。



社員さんの平均年齢は30歳で、
会社所在地は、

渋谷区神宮前6-10-11 原宿ソフィアビル4階

です。



どこのお店でもいいようなものですが、
でも、けっこう大事ですよね、こういうの。



posted by すず坊ちん at 17:28| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。